【Acca的思考】映画「インサイド・ヘッド」を観て。

私の想いや考え | Acca 想いに寄り添い、形にします。

 7月18日の公開初日に、<ピクサー長編アニメーション20周年記念>の映画「インサイド・ヘッド」を観に行って来ました。たまたまテレビCMで予告編が流れていたのを見て、興味を持ったのがきっかけでした。

 この映画には『なぜ、“カナシミ”は必要なの・・・?』という副題がついているのですが、実は、この副題を全く知らずに映画を観たので、終わってからそのことを知って「なるほど、だからかぁ~」と納得してしまいました。

 映画を観て気づいたことや感じたことはたくさんありましたが、1番の気づきは「どんな感情であっても、全ての感情は自分を幸せにするために存在するんだ」ということでした。

頭の中では、何が起こっているの?

 まだ観たことのない方へ、この映画のストーリーを簡単にご紹介します。

いつでも笑っていたいのに、なぜカナシミは必要なの?

 11才の女の子、ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち—ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。彼らは、ライリーを幸せにするために奮闘の日々。だが、ライリーを悲しませることしかできないカナシミの役割だけは、大きな謎に包まれていた…。
 そんなある日、見知らぬ街への引っ越しをきっかけに不安定になったライリーの心が、感情たちにも大事件を巻き起こす。頭の中の“司令部”からヨロコビとカナシミが放り出され、ライリーは2つの感情を失ってしまったのだ!このままでは、ライリーの心が壊れてしまう! 果たして感情たちは、ライリーの危機を救うことができるのだろうか? そして、カナシミに隠された、驚くべき<秘密>とは…?

映画「インサイド・ヘッド」
※ Disney Movie 作品情報より引用

 私たちの感情は、複雑に絡み合っています。その感情が、脳の中ではどのように繰り広げられているのか。また、感情から生まれる“記憶”がどんな風に保管され、どんな風に引っ張り出されてくるのか。必要無いと判断された記憶は、自分の意思とは関係なく消されることもあったり。。。

 頭の中で日々起きていることをアニメーションにすることで、本当にわかりやすく表現されていました。本当に、よくできた映画です。

全てのことに、必ず意味があります。

 この映画を観終わったら、ヨロコビ・イカリ・ムカムカ・ビビリ・カナシミのような感情が存在するのは、やはり、全ては “自分を幸せにするため” なのだということに気づかされます。

 ムッとすることがあっても「今は、ムカムカが指令を出してるなぁ~。」と思ったり、大丈夫かな?と思うことがあっても「今は、ビビリかぁ。」と思ったり。自分の感情に向き合ってみると、それはそれでなかなか面白い。(笑)

 私たちは、日々いろんな感情に振り回されているように感じますが、全て意味のあることなんですよね。その意味がわかれば、何の不安もありません。全ては自分が決めることだし、いいも悪いもありません。

映画「インサイド・ヘッド」 邦題では「インサイド・ヘッド」となっていますが、原題では「Inside Out」です。

 “裏返し” や “混乱する” という意味だそうですが、“混乱する” の方がふさわしいような気もしますが。。。

 日本では、頭の中の方がわかりやすいのかも知れませんね。(笑)

 この映画は、子供さんが観るよりも、大人の方々が観た方が “気づきを得たり” “何かを感じたり” する映画なのかなと思いました。

 まだ観ていない方、ぜひ観てみてください。もっと自分が好きになれますよ!

ライン 高さ50

ご意見やご感想・お問い合わせなどは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca 想いに寄り添い、形にします。