【Acca的歳時記】伊勢神宮内宮十二月月次祭と正式参拝・その6

Acca的歳時記 | Acca 想いに寄り添い、形にします。

 次の日は、早朝から特別参拝をさせていただきました。2013年5月にも正式参拝をさせていただきましたが、前日の月次祭を奉観した後だったので、さらに清々しい気持ちでご正宮に向かいました。早朝と言う事もあり、空気も澄み切っていて本当に気持ちが良かったです。

 特別参拝でも正式参拝や普通の参拝と同様、二拝二拍手一拝かと思いきや、開講式の前に教わった礼法作法は少し違いました。ぜひ知っていただきたいので、手順をお伝えしますね!

<参拝の手順>

  1. 衣服を整え、正座をする。手は、足の付け根あたりに置く。
  2. 両手の人差し指と親指で三角形を作るようにしながら太ももの上をすべらせ膝の前につき、腰から上半身を曲げてお辞儀(二拝)をする。
  3. 両手を合わせ、右手を少し下げて柏手(二拍手)を打つ。
  4. 再度、2.の時と同じようにお辞儀(一拝)をする。

 このやり方は、神職の方々と同じやり方です。ある意味、本当の参拝方法を教えていただいたので、知る事ができて良かったです。普通に参拝する時は正座はしなくて大丈夫ですが、衣服を整えたりお辞儀をするときなど、所作に気をつけてみてください。それから、服装にも気をつけてください。男性はスーツ・ネクタイ・革靴、女性はスーツ・礼装または準じた服装。もちろん、ジャケット着用でブーツはNGです。色はできれば黒がベストです。

荒祭宮

 ご正宮を参拝させていただいた後は、荒祭宮にも参拝させていただきました。ご正宮では感謝を述べて、荒祭宮では決意表明をしたり個人的な願いをしても良いそうなので、ご正宮だけ参拝して帰ってしまわないようしてくださいね。(笑)

氏神様

 この石、見たことがありますか?前日の月次祭の時、この石の所でも何かされていたのですが、なんとこの土地の氏神様を祀られているご神体だそうです。内宮で祭事をする際は、まずは必ずこの氏神様のご神体にご挨拶をしてから、祭事をされるそうです。

 内宮に行かれたら必ず通る場所にあるので、行かれた際にはぜひ探してみてください!

 さて、次回は本当に心から感動した講和のお話です。お楽しみに~♪

ライン 高さ50

ご意見やご感想・お問い合わせなどは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca 想いに寄り添い、形にします。