【Acca的風物詩】伊勢神宮の大祓

Acca的歳時記 | Acca 想いに寄り添い、形にします。

 6月30日と12月31日に行われる「大祓」。6月の大祓を「夏越しの祓」(なごしのはらえ)、12月の大祓を「年越しの祓」と呼びます。半年分の汚れを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)にまで遡るそうですが、新暦に移った現在でも、6月30日に日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。

 毎年、この神事に参加させていただいているのですが、今年は伊勢神宮の「大祓の儀」を奉観させていただくことに。

 伊勢神宮で行われる神事は、年間約1,500。全てが詳細に記されている物がないので、何時にどこで行われるのかは定かでない神事も。大祓の儀も定かでない神事のようで、正式な情報がなかなか入手できず。過去に行ったことがある方のブログなどで、内宮で16時くらいから始まるらしいという情報を入手し、それだけを頼りに伊勢へ向かいました。

 今日の予報は雨。道中もずっと雨が降っていましたが、何となく伊勢は晴れているはず!と思って行ったら、やっぱり伊勢は快晴でした。(笑)

 伊勢神宮の内宮に到着後、宇治橋の横にある参宮案内書で大祓の儀のことをお聞きすると、内宮第一鳥居内祓所で16時から行われると教えてくださいました。奉観もさせていただけるとのこと。

内宮のご正宮

 内宮に到着したのが15時頃だったので、大祓の儀が始まる時間まで、まずはご正宮の天照大御神にご挨拶。ここに来ると、本当に「お呼びくださったのだ」と実感します。日々の感謝をお伝えして、ご正宮をあとにしました。

大祓の儀を奉観する人々

 神事を告げる太鼓の音が聞こえてきました。太鼓の音は始まりの合図なので、急いで内宮第一鳥居内祓所へ向かうと、すでに神職さんや楽師さんが位置に付かれるところでした。

大祓の儀

 全員が位置につかれ、大祓の儀が始まりました。内宮第一鳥居内祓所の中央付近にある祭壇の前で、様々な儀式が行われていきますが、余計な動作が一切なく粛々と行われていきます。その様子を見ていると、以前に奉観させていただいた月次祭のことを思い出しました。

 終盤に差し掛かった頃、全員が低頭され祝詞が挙げられます。この様子は写真撮影禁止なので、私も低頭しながら聞かせていただきました。

 最後は、最初に配られた榊を集めて終了でした。実は、この大祓の儀の時だけ雨が降っていたのです。始まると同時に降り出し、終わると同時に止みました。伊勢神宮の大祓は、他の神社さんの神事のように茅の輪をくぐるようなものではなく、神職さんや楽師さんを祓い清める儀式なので、浄化の雨が降ったのでしょうか。

大祓の儀

 初めて伊勢神宮の大祓の儀を奉観させていただきましたが、またまた貴重な体験の一つになりました。明日からは、平成27年の後半がスタートです。新たな気分で、やりたいことを一つずつやっていこうと決意しました。

 伊勢神宮へ行く前に、二見興玉神社へも行ってきました。夏至の日に夫婦岩の真ん中から朝日と富士山が重なった様子を20年ぶりに見ることが出来たと報道で知り、気分だけでも味わおうと向かったのでした。(笑)

二見興玉神社の夫婦岩

 【Acca的歳時記】では、昔ながらの知恵や四季の事物、年中行事・神事などをご紹介していきますね。楽しみにしていてくださいね~♪

ライン 高さ50

ご意見やご感想・お問い合わせなどは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca 想いに寄り添い、形にします。