【ブログ】古民家再生プロジェクト、本格的にスタートしました!

根々一村 根々庵古民家再生プロジェクト | あなたの想いをプロデュース Acca

 以前のブログでもご紹介した根々一村の古民家が “根々庵” という名称に決定し、いよいよ古民家再生プロジェクトとして始動しました!と言いつつ、ずいぶん前から始動してたのですが。(笑)

 今日の古民家再生プロジェクトは、3部構成。

 まずは、第1部の古民家診断。古民家自体の構造診断をしてもらうために、一般社団法人全国古民家再生協会の方にお越しいただき、隅々まで診断していただきました。プロの目から見て、現在の状況がどうなっているのか、これから何をしなといけないかを、ガッツリ解説していただきました。

傾きチェック | あなたの想いをプロデュース Acca
レーザーを使って、古民家の傾きをチェック。

 建物の傾きを計測する機械を使ってチェックしていただきましたが、やはり、傾きが少し気になります。これを何とかしようと思うと、かなり資金が必要になってきそうです。

解説中 | あなたの想いをプロデュース Acca
一般社団法人全国古民家再生協会の中西さんが、解説してくださいました。

 古民家を一通り見ていただいた後で、いろいろ解説してくださいました。リフォームするにしても、現状をしっかり把握したうえでしないと、後々、大変なことになるそうです。古民家を使って何かしたい方が増えてきているということは、ニーズがあるということなので、かっこいいだけのリフォームをする会社もでてきているそう。

 現に、築100年くらいの古民家をリフォームした方から「何か気になるから見に来てほしい」と依頼され、実際に見に行くと素人にはわからない部分で手抜きがあったとか。「こういう現状を、本当になくしたいんですよ。」とおっしゃっていました。

 昔の大工さんの仕事は丁寧であり、メンテナンスさえしっかりしていれば長く住める家を作ってこられたので、そういう古民家を蘇らせたいそうです。しかし、現状はメンテナンスできる人が減ってきているので、そこも何とかしたいともおっしゃっていました。

 第2部は、7月2日(土)に開催する【根々一村プロジェクト Vol.9】で行う予定の“流しそうめん”のお試しです。

流しそうめん用の竹 | あなたの想いをプロデュース Acca
大工さんが作った流しそうめん用の竹。細部にプロの技が!

 井戸野茶園の庭先をお借りし、お試し開始です。修子ちゃんのお父さまが、事前に流しそうめん用の竹を準備してくださっていたので感激していたら、知り合いの大工さんが仕込んでくださっていた様子。この流しそうめん用の竹、ただ単に半分に切って節を取って。。。という代物ではありませんでした。細部にいたるまで手間をかけた仕事に、参加者全員が「流石、大工さん!」と称賛の嵐でした。

水を流す部分 | あなたの想いをプロデュース Acca
ホースもさせて、水の流れも調整できます。お見事です。

 私のイメージでは、竹を半分に切って節を取って傾けて水を流すくらいだったのですが、本当にすごい!としかいいようのないクオリティーでした。水の流れる音もとても素敵で風情があり、7月のイベントでも喜んでいただける事、間違いなし!です。

流しそうめんの様子 | あなたの想いをプロデュース Acca
みんなで楽しく、流しそうめん。
流しそうめんの様子 | あなたの想いをプロデュース Acca
うまく取れますでしょうか。
流しそうめんの様子 | あなたの想いをプロデュース Acca
自然と笑顔になりますね。
流しそうめんの様子 | あなたの想いをプロデュース Acca
うまく取れました!

 第3部は、古民家再生の今後の工程や方向性についてのミーティング&京番茶やほうじ茶を使ったチャイやラテの試飲会です。

調合中 | あなたの想いをプロデュース Acca
京番茶や焙じ茶、牛乳、豆乳を、いろいろなスパイスと調合中。
ミーティング中 |
しっかりミーティングも行いました。

 「古民家を何とかできないかなぁ?」と、最初は3人から始めたこのプロジェクトも、段々と参加者が増えてきました。その道のプロ達も巻き込んで、なかなか面白いプロジェクトになってきています。今年の年末ごろには、何かしらの形になります。どんな風に変わっていくか、今後の動きにも注目していてくださいね。

根々一村のベース根々庵 |
根々庵から、どんな風が吹くのでしょうか。

ライン 高さ50

ご意見やご感想・お問い合わせなどは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca 想いに寄り添い、形にします。