ホダ木に椎茸菌を植えるイベントへ行ってきました!

茶山の中でホダ木にしいたけの菌を植えようイベント | あなたの想いをプロデュース Acca

 根々一村の東谷修子ちゃん主催のイベント【茶山の中でホダ木にしいたけの菌を植えよう!Myホダ木☆】へ、母からの「2本よろしく~!」との指令を受け、参加してきました。

 ずいぶん前から決まっていたイベントにも関わらず、のんびり屋さんの修子ちゃんからの前日の告知。(汗)それでも、総勢10名でのイベントとなりました!

 午前11時。修子ちゃんの実家でもある井戸野茶園に集合した後、作業場となる茶山へ移動。すでに前日までに原木を切り出してくれていたので、木を切る作業は割愛。お父さま、ありがとうございます!

 早速、修子ちゃんのお父さまからレクチャーを受けます。

 なぜ、お茶を作っている人が椎茸?と思われた方に、解説!修子ちゃんのおじいさまが、お茶の作業がない冬の時期には椎茸栽培もされてたそうで、その名残から毎年原木椎茸を作らているのだとか。修子ちゃんも小さい頃は手伝っていたそうで、それもあってから椎茸嫌い。一時期は、見るのも嫌だったとか。(笑)

 いよいよ、原木にドリルで穴を開けていきます。この穴を開ける間隔も決まっているそう。お父さまがお手本を見せてくれました。

原木に穴を開ける
等間隔に穴を開けていきます。

 等間隔で縦に5個穴を開けたら、4cmほど回して4個穴を開ける。また4cmほど回して5個開けるを繰り返します。そうすることで、椎茸菌が木全体に回るそうです。立て掛ける際に下になる方の端は、雑菌が入らないように多めに穴を開けておきます。お父さまは手際が良いので、等間隔も綺麗だし作業に無駄がありません。さすが職人!です。

 植える椎茸菌は、きちんとしたルートから仕入れないと美味しい椎茸にならないらしいです。

椎茸菌
菌は、直前に袋から出します。出しっ放しは、よくないそう。

 レクチャーを聞き終わったので、ドリルで穴を開けるチームと椎茸菌を打ち込むチームに分かれて、作業スタートです!

ホダ木と椎茸菌
椎茸菌を穴に入れて、上からトンカチで打ち込みます。

 打ち込むポイントは、減り込むくらいに埋め込んでしまうこと。そうしないと、原木に椎茸菌が回らないそうです。

椎茸菌を植える作業
トンカチで打ち込みます。

 トンカチ係りの人が椎茸菌を取り易いようにと、私は椎茸菌の入れ物を持つ係りをしていたのですが、私が穴に入れていき、トンカチ係りの人が打ち込む作業の方が効率が良いことがわかってきました。作業を進めながらも「こうした方が良くない?」「こうしてみよう!」など、気づいて改善していくと、作業が効率良くなるし、どんどん作業が早くなっていきます。

 やはり、自ら気づくって大事ですよね!

 2時間ほどひたすら作業し、とりあえずお昼休憩。お昼は各自で昼食を持参しましたが、生椎茸の炭火焼きやふきのとうの天ぷら、美味しいパン屋さんのバゲットなどを用意してくれていました!

炭火焼き椎茸
採れたて椎茸を炭火で焼いて、塩・バター・醤油でいただきました。
ふきのとう
初春の山菜「ふきのとう」の天ぷら。

 ふきのとうは、修子ちゃんのお母さまからの差し入れ。少し苦みがあるけれど、春の味がしました。

美味しいバゲット
REGAL+Eのバゲット。

 私がこの界隈では1番美味しいと思っている、京都府木津川市梅谷にあるパン屋さん “REGAL+E” のバゲットに、焼き立て椎茸を乗せて食べたり、参加者さんが持ってきてくださったサブジ(カレー)を乗せて食べたり。かなり美味しかったです♪

バゲットとサブジ
この組み合わせ、最高でした。

 お腹もいっぱいになったので、午後の作業スタート!午前中で全体の3分の1ほどしか作業が進んでいなかったので、一生懸命作業をします。

椎茸菌を打ち込む作業
打ち込む作業も体験しました。

 私の友人夫婦も参加してくれていて、写真家でもあるご主人が写真を撮ってくれていました。

写真家と作業風景
作業風景を撮る写真家を、撮ってみました。

 15時頃、全ての作業が終了!たくさんの原木椎茸ができました~♪

原木椎茸
たくさんの原木椎茸ができました。

 椎茸ができるまで、とりあえずは1年待ち。1年後には、少しだけ椎茸ができるそうですが、本格的な椎茸ができるのは2年後だそうです。2年後のための稙菌。未来を想像しながらの感じが、またいいですね。

 参加者さん全員の愛情たっぷり詰め込まれているので、2年後の収穫祭では立派な椎茸ができていることでしょう。その様子は、このブログにてお知らせしますね!

ライン 高さ50

 ブログを読んでくださっている方に、朗報です!このイベントには参加できなかったけど「ホダ木(原木)1本欲し~い!」という方に、1本1,500円でキープさせてくださるそうです!

 詳しくは、お問い合わせくださいませ~♪

ライン 高さ50

ご意見やご感想・お問い合わせなどは、こちら ↓ からどうぞ!

お問い合わせはコチラ | Acca 想いに寄り添い、形にします。